誰でも小顔に変身!小顔注射とは何か?

小顔注射と聞くと、顔に直接注射を打つので痛いと思う人が多いと思います。

しかし、実は注射はそこまで痛くはなく、顔を小さくするためにメスで切って整形をするよりははるかに痛みも少なく、簡単でお手軽に小顔になることができます。

 

また、脂肪吸引によって小顔にすると、顔が腫れて痛くなり、腫れが引くのにおよそ2週間もかかってしまい、まれにですが失敗することもあるので、リスクが少ない方法で小顔にしたいという女性はぜひ小顔注射を試してみてください。

 

まずは、小顔注射の基本的な仕組みについて説明していきます。

小顔注射は顔の部位(鼻やあご)に脂肪を分解する注射を打つだけで、脂肪が自然に分解され、小顔になっていくという仕組みです。

 

次に、小顔注射のメリットについて説明していきたいと思います。

まずはじめに、傷が残らないので、整形したことがばれにくいということです。

 

小顔注射では従来のように顔にメスをいれることもなく、傷跡も残りません。

そのため、小顔になったことで整形したと疑われることがありません。

 

また、副作用がなく、脂肪吸引よりも値段がお手頃で、施術時間も短く、およそ3日ほどで小顔駐車の効果が出るので、比較的すぐに小顔になることができます。

 

次に、小顔注射は脂肪の多い顔の部位にピンポイントで注射を打つことができるので、自分の顔でコンプレックスをもっている部位に直接打つことで、小顔になるだけでなく、コンプレックスを解消することもできます。


関連記事